慌てず騒がずスムーズ決済|今すぐおすすめしたいクレジットカード

赤字でも利用できます

説明

手形の信用が第一です

決算で赤字を出しているような企業は簡単には銀行などから融資を受けることができません。しかし、赤字企業でも利用できる可能性があるのが手形割引です。手形割引において、銀行などが最も重視するのは、手形の信用度です。それは手形の振出人の信用度であって、振出人が上場企業などの信用力が高い企業であれば、手形の決済は確実であって、不渡になる懸念はありません。そのような信用力の高い手形があれば、赤字企業が手形割引を依頼しても銀行などが断ることは少ないです。ほとんどの場合には手形割引に応じます。大手の企業を販売先に持っている企業で、そこから販売代金を手形で回収している企業は、資金調達が手形割引によって容易になると言えます。

資金繰りの最後の手段です

上場会社が振出人になっている手形は容易に手形割引が可能ではありますが、企業が資金繰りを検討する上では、これは最後の手段にする必要がある点に注意したいものです。その前に、銀行借入を検討したり、資産の流動化を検討したりして、資金繰りを立案するべきであって、その他の手段が尽きた時に初めて手形割引を検討するべきです。手形の振出人の信用度が高い場合に、その手形を安易に割引して資金調達をしてしまうと、その後に他の手段による資金調達を試して不調に終わった場合、資金繰りに窮してしまう懸念があるからです。信用度の高い手形は現金と同じように見ることができますので、それは最終的な拠り所として、他の手段を優先的に試してみる必要があります。